All of Us Must Do Whatever We Want!

楽しくて忙しいそんな日々を送りたい

私は胡散臭い

 

 

 

 

世界平和が私の人生の目的です

 

そう言ってた時期もあった。

このときも周りの人に馬鹿にされたり

胡散くさい

って言われたりした。

言ってくれる人以上に

思ってる人はもっといたでしょう。

 

でも、これはある人に

平和なんて永遠に訪れないよ、って

はっきり言ってもらって、

目的にする事をやめた。

 

人それぞれに意見があるのだから

対立するのは仕方ない。そう落とし込んだ。

だから、今はもう目的ではない。

だけど、理想ではあるよ。

 

でね、

対立を平和が訪れないことに結びつけるのは

無理矢理だけど、

対立して、自分が正しいと思えば、

相手をねじ伏せてでも

意見を通したいと思う人も居ると思う。

その人の目的が世界の平和じゃなければ、

相手に自分の意見に従ってもらうことが

正しいって信じてると思う。

こういうふうに考えて、

平和は永遠に訪れないと

自分に言い聞かせたわけです。

 

例えばなんだけど、

ヒーローが悪役を倒すのが

正義っていうのが定説?常識?じゃないですか、

だけど、悪役の実現したい世界が、

当人にとっての平和の形であったとしたら、

どうしてそういう世界を作ろうとしたとか

どうして聞かないままに終わるのだろう、とか。

考えちゃうんですよね。

 

和解する方法は

いくらでもあるんじゃないかって

思うんですよね。

 

いや、ドラクエとかしてるとき

そんなふうに考えてゲームしたことないですよ🙄

 

ただ、実際の世の中であれば、

指導者には下につく者がいるし、

たとえ指導者には家族がいなかったとしても

下につく人たちのなかに家族がいる人は絶対いるはずで、

家族が大事じゃないって言う人は珍しい、

のではないかと思ってる私からすれば、

指導者はその人たちの幸せを願って

行動してるはずって思うんですよね。

じゃなかったら誰もついて行かないでしょう?

自分を大事にしてくれる、

自分にメリットがある、

からだれかに従うのだと思うのですが、

これは間違った考えですか??

 

 

世界平和を目的にはしなくなったけど、

わたし

 

胡散臭い

 

結構言われます。

 

そういうふうに言われるたびに思う。

 

それだけその人が世の中見てきたんだなって。

世の中の汚い部分見てきたんだなって。

それで、

世界が綺麗なことを忘れてるんだなって。

 

それと同時に

私の両親がどれだけ心の綺麗な人かって。

 

浦部家は社会では生きていけないよ。

純粋すぎる。

自分で言うのもなんだし、

なんなら私も悪いことしてきたし、

そういう考えもできるよ。

だけどね、自分の信念は変わらない。

ずっと綺麗な世界を信じたいんよね。

自分の住む世界は綺麗にしたいから

自分も綺麗な考え方をする。

ある意味ずっと演じてるのかもしれない。

自分に対して。

 

浦部家は

世の中の生き方を知ってる人と

同盟を結ぶべきだと思う。

じゃないと、社会で生きるのが辛いんよ。

正直者が馬鹿を見る世の中、

ほんとにそう。

純粋でいたいから、

そうさせてくれるパートナーが必要です。

だけど、パートナーも純粋なだけな人では

ぜったい生きていけない。

 

父はおぼっちゃまだったみたいだし、

母もお嬢様だったみたいだから、

ふたりは苦労した。

それでも私たちを

ここまで育ててくれたの。

その苦労を思ったら泣いてしまうよ。

だけどそれで良かった。

 

おかげで、いろんなことあって

それなりに社会を知ってこれた。

知ってきたつもりではおるよ。

 

それでもわたしが

綺麗な世界を信じ続けられるのは

本当にあなたたちのおかげです。

貴方たちの心が綺麗だから、

汚いものから守ってくれていたから、

ほんとにたくさん感謝してます。心から。

 


ありがとう。