All of Us Must Do Whatever We Want!

楽しくて忙しいそんな日々を送りたい

耳栓マニアになってなかったわ!!!

 

 

 

お久しぶりです皆さん

Hi! Everyone!

 

最近あったかいですね☀️

It's getting warm, isn't it??

 

もう4月。

It's already April

 

 

んー、

Hmmmm,

 

わたしとしては、

However, I can say,

 

まだ4月なの!!?

”is it still April!!!?"

 

です。

 

 

 

今年はもう1年過ごしたような

I feel as if I had spent ONE year entirely

 

そんな気になってしまっています

 

いろんなことが

Many things 

 

あったよような

have happened

 

なかったような

 

 

でも1年の1/3が過ぎたのかと思えば

1/3 a year has passed

 

そんなものでしょうか。

Can you feel it long??

 

 

とにかく

Anyway,

 

今年も桜が見れて私はしあわせですよ🌸

I'm happy to see cherry blossoms this year as well

 

 

帰ってきたら

When I saw them for the first time this year,

 

もう大阪は葉桜?散り際?

they were almost at the latter half of their showtime(?)

 

だったから

 

間に合った~!

 

って気持ちになったよ('ω')

 

 

 

 

きれいだ。

Beautiful.

 

 

 

 

今日話題にしたいのは過去の記事です

I want to write about my previous article

 

2年くらい前の記事かな

I wrote it about 2 years ago

 

noteを使ってた頃の記事を

 

読んでいたんです。

 

 

 

耳栓マニアになるかもしれない…|りちゃーど

#note https://note.com/f_kk/n/n06448699c416

 

 

 

もしよかったら

Please read it

 

読んでください('ω')

 

 

 

私が保育補助として働いてた時に書いた記事。

I wrote it when I was a nursery school assistant

 

・・・

 

2つしかなかったよ、笑

There are only 2 articles

 

 

 

 

 

 

 

 

MOLDEXPura-Fit



って耳栓を使ってました!

The above is an earplug

 

 

 

勉強に集中したくて。

I wanted to concentrate on studying

 

 

 

わたしね

I was thinking

 

考えたんです。

 

 

 

目から入ってくる情報にどうしたら脳がより集中するか。

how I could make my brain focus on the information from the eyes

 

 

私のアイデア

My first strategy was

 

目以外の感覚器官への情報を最小限にすること

eliminating of other information as possible

 

でした。

 

なので耳栓買ったの('ω')

Then, I bought the earplugs

 

 

 

実際集中できたと思う。

As a result, I made it, I guess

 

 

試験まで残り2週間くらいのとき

I hadn't studied enough before the exam days

 

勉強してなくて焦ってたけど、

So I was feeling impatient

 

 

耳栓して勉強するようになってから

However, after I started to use them,

 

、、、、、、

 

入院、、、、するまで、、、

 

 

保育士試験、

 

筆記は絶対とおる自信あったよ

I could have confidence to pass the paper exam

 

 

 

耳栓の効果がどれくらいあったのか

I can't say how efficient they were

 

測るものは何もないけど

though,

 

あのとき試験受けてたら受かってた。

I dare to say I could pass if I had taken it

 

と、思う。

I guess

 

 

 

 

 

 

笑。

I GUESS

 

 

 

まあ、

But,

 

なかったことは考えるタイプじゃない。

I'm the last person who thinks about things not-happend

 

 

もし別の今を見ることができたとして、

If I could know the other life,,,, like I didn't choose,

 

結局受かってない今だったら

and if I knew I had failed, 

 

こんなこと言うの恥ずかしいやん_(┐「ε:)_

I would feel embarassed

 

 

 

自分を肯定したいがために

I don't regret 

 

後悔はしないタイプです、私。笑

Because I want to be proud of myself

 

 

 

起こったことは、

 

過去は、

 

どうしたって変えられないの

The past can't be changed

 

だからそれに対して

I don't 

 

 

・感情的なること

・make emotional responces

 

固執すること

・stick to it

 

 

しないよ、

 

 

 

たまに感傷的になったりするけどね

Sometimes I get sentimental because of it

 

 

 

 

 

そういえばね、

By the way,

 

言いたいことがあって会いたかった人に

I met the person I wanted to talk to

 

会ってきたよ

 

 

それでね、

Then,

 

わたし

 

 

 

 

言えなかった。

I couldn't say that

 

 

 

というよりもむしろ

Accurate to say,

 

言わなかった。

I didn't say that

 

 

 

言いたいこと

What I had wanted to say became into

 

言いたかったこと

what I did want to say 

 

に変わっちゃったんよね

 

 

 

思ってた人とはどうやら違うみたい。

He is not the very person that I think

 

会えない時間がいつも長いから

We can't meet with each other often

 

わたしは想像し過ぎたんやね。

so, 

 

 

自分の理想のその人を作りだしてた。

I made delusions of him

 

 

 

見る目がなかった

I don't want to admit I couldn't know him well

 

って認めたくないけど、

 

もうすこし長い目で見るべきなのかもしれないけれど

Do I need to be patient on making him out?

 

 

 

なんだかもう今は

But now

 

考えられない、から

I can't think of him

 

どうでもいいことなの、今は。

It's no meaning for me to do that

 

 

 

もう少し長い目で見るべきとも思うから

 

前みたいに拒絶はしない

I won't reject him cuz I feel it needed

 

 

だけどもう。

 

 

 

とりあえずいまのところは

 

あの人の分の心のスペースはないの。

I can't make space for him on my mind

 

敢えてじゃないよ、

I don't try to,

 

自然とそういう状態なんです。

I just don't do that 

 

 

不思議やね

Pretty strange

 

 

 

それくらい、

Now I don't feel him fascinating at all

 

もう夢も見ないくらい、

 

魅力を感じなくなった。

 

 

 

 

 

私はあの人のこと、

I thought he was

 

少しだけ前にいる人、

the runner a little ahead

 

だと思ってた。

 

だけど、あの日はそう感じられなかった。

However, I couldn't feel like that at that time

 

 

 

 

 

 

走ってるときってさ、

When you run,

 

少しだけ前にいる人なら

Don't you chase the person who runs a little ahead?

 

追いかけようとしませんか?

 

 

 

ちょっとだけ自分より速く走ってる人

If he/she runs a little bit faster than you

 

なら

 

なおさら追いかけませんか?

Don't you want to do that more eagerly??

 

 

 

 

私の思い描いたあの人はそんな存在でした。

My delusion of him was that

 

 

彼に言わせれば(言ってないけど)

He could say

 

お前よりもっとずっと先を走ってるよ、俺は。

"I'm far ahead"

 

でしょうけど('ω')

 

 

 

そんな人と

 

いつまでも一緒に走って、

I want to run together with someone like that

 

どうやったら上手く走れるの?

and ask him how I can run well (faster, sustainably)

 

とか

 

聴きたいって思うんですよね。

 

ときには

and

 

一緒に休んだり、

have a rest together,

 

もしも相手がつまづいたりしてしまったら

take care of him if needed

 

寄り添いたいなって思うんですよね。

 

 

 

そういう風に一緒に生きていける人と

I wanna find someone like that

 

出会いたいな。

 

 

 

 

だからね、

 

そんな人だったからね、

 

 

 

おかげさまで

 

頑張ってこれたんだと思う。

I can say "thank you" to him 

 

 

もちろんこれからも

of course also from now on

 

ずっと私の目標であることに変わりはないのだけれど

He is my motivation to live well still

 

ただね、

but not the only one

 

one of them なんだ。

He is just one of them

 

 

 

気持ちが冷めるなんて夢にも思わなかった。

I had never thought that I distracted from him

 

これで最後だと思うし

It's my final

 

これが最後でいいと思ってる。

I want it to be the final one

 

 

明日のことは誰もわからないけどね。

I'm just living my days, not thinking about the future

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮かぶように生きてる

I'm living kind of like floating on the sea (or in the air)

 

 

 

今ね、

Now,

 

すごく新しい気持ち。

I feel my life renewed

 

 

 

 

大学生になって

 

初めての土地で

This feeling is exactly the feeling that I had

 

初めての暮らしを始めたときのあの感覚。

when I started to live by myself in Akita

 

 

 

こんな希望いっぱいの感覚を

I had never thought that

 

また味わえるなんて

I could have that feeling again

 

思ってもみなかったな

It's full of hope

 

 

 

 

 

 

 

人生これからやね!

My life starts just now!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thank you for reading (^_-)-☆